チーム意思の確認方法



さて、チームの意思確認は投票がもっとも民主的かと思います。

これは割と簡単で、色つきの紙を使います。手順は以下の通り。

議案投票方法
1、議案はあらかじめ執行部が掲示板で連絡しておく
(できれば1週間前くらいが良いでしょう)
2、練習終了時(開始時)に全員並んでもらう
3、執行部が箱(または袋)を用意して先頭に立つ
4、執行部は2択なら2種、3択なら3種の紙を準備する
5、列の先頭から一組ずつ渡して、投票してもらう
6、即時開票、集計発表する


ポイントは投票者があらかじめどの色を投票するか決めておくことと

執行部が色つきの紙と箱(または袋)を事前準備しておくことです。

そして大切なのが執行部は当日投票まで何色を使用するか伏せて

おく事です。また投票者は執行部一任という選択肢もあり、それは

紙を投票しないことで伝えると良いのではないでしょうか。投票後に

集計すればわかります。もちろんそれについても理解の行き違いが

無いようにキチンと説明しておくべきです。執行部は開票の結果を

その場で発表し、一定の票数をもって可否決を判断するものです。

投票は公正かつ厳粛であるべし


さて投票を必要とする議案の取り上げ方ですが、最低限のルールを

必要とするでしょう。そうしておかないと何もかも投票対象となります。

これまでLOTTOを運営する上での理念は何度か機会があるたびに

皆さんにお話してきたとおりです。これを参考に固めていけば良いと

思います。これらはチームが存続するために必要最低限の条件で、

皆さんにも理解してもらえると思います。いわばチームの骨格です。

LOTTOの理念
1、年齢、性別、技量、経験等全てにおいて公平であること
2、チームでボールが蹴れることを大切にすること
3、体験参加者がまた参加したいと思えるチームであること
4、活動は積極的に参加すること
5、コミュニケーションを大事にすること
6、使用施設に迷惑をかけないこと


上記理念を逸脱する議案は出さない、出ても執行部が説明して

理解するまで話し合うことが必要です。もしもどうしても理解して

もらえない場合は残念ですが在籍をお断りする事になります。

今のところ、そこまでの人はいませんでしたのでこれに関して

問題は無いでしょう。長くなりましたがこのLOTTOの理念外で

メンバーから申し出のあったものは必ず議案として取り上げる

べきです。執行部の一存で議案を却下することは民主的とは

言えません。メンバーには声の大小があります。それを受けて

執行部は議案とし、投票対象としていくのが望ましいでしょう。

執行部は理念の下、中立的な立場
以上が現在の執行部構想です。もちろんこれだけで理解できる人と

そうでない人がいるでしょう。特に現役学生さんにはピンと来ない人が

多いと思います。正直自分でも「一人でやってきた」からできた部分と

「このままじゃいけない」という部分が交錯してます。チーム発足から

長い歳月が経ち、メンバーもだいぶ増えました。残念ながらチームを

去っていったメンバーもずいぶん増えてしまいました。しかし現在も

FC LOTTOは毎週活動しています。メンバーの子供たちがいつか

加入する日もくるかもしれません。その日が来るまで今のLOTTOを

もっと民主的に、もっとわかりやすく、気軽に意見を言えるチームに

できたらいいなって思ってます。みんなで今後ゆっくり考えましょう。

執行部案はみんなで作る案です!

執行部構想
執行部の役割
執行部定員および選任方法
チーム協議記録

Copyright
No40